副業をテーマにした「パラレルワーク・ディスカバリーVol.1 COMEMO Business Night Out」開催

社外で第2の仕事(パラレルワークやライフワーク、副業)を探したいという人が増えています。一方で「どんな副業があるのか分からない」「自分に向いている副業とは」といった悩みもあるようです。パラレルワーカーの達人の話を聞くほか、カードを使ったワークショップで副業についての考えを深めていきます。

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)は7月30日(月)、ビジネスパーソンが知見を共有するプラットフォーム「COMEMO(コメモ)」によるビジネスセミナーとして「自分に向いた副業・複業とは」をテーマにしたイベントを開きます。モデレーターは『仕事に殺されないアナザーパラダイスの見つけ方』(フォレスト出版)などの著者でライフワーク・クリエイト協会理事長の潮凪洋介氏。人生100年時代を楽しく生きるヒントにもなりそうです。

主催  :日本経済新聞電子版
協力  :ライフワーク・クリエイト協会、オーガナイズ/Yosuke shionagi
開催日時:2018年7月30日(月)18:30~21:30 (開場 18:30、開演19:00)
場所  :日本経済新聞社 東京本社ビル2階 SPACE NIO
参加費 :4,000円(ネットワーキング含む。COMEMO会員は3,500円)
*COMEMOの会員登録者限定チケットをご購入のお客様は購入後、イベント入場時までに登録をお願いします。会員登録は無料です。
人数  :50名(先着)

参加申し込みはこちらから→http://eventregist.com/e/comemo0730career

セッション概要:
19:00~19:40 セカンドジョブ&パラレルワークトークセッション~達人体験談
(モデレーター:潮凪洋介氏、パネリスト:河上純二氏、矢加部英達氏、下村さき氏)
19:40~20:40 カードを使った副業・複業発見ワークショップ
20:50~21:30 懇親会

おススメポイント:
・セカンドジョブ経験者の話が聴ける
・世の中に存在する100種類以上の魅力的なセカンドジョブ(パラレルワーク・ライフワーク・副業)を知ることができる
・自分の深層心理が「大好き」と反応するセカンドジョブに気づくことができる
・セカンドジョブに関する不安や疑問が解決できる
・好きで得意な仕事に挑戦する社外の仲間が増える
・直感型・挑戦願望 探求ワーク&交流会で恋に効く?

COMEMOとは
日本経済新聞社が「ビジネスパーソンが知見を共有するプラットフォーム」として2017年夏にローンチしたデジタルサービスです。ビジネスの第一線で活躍する人たちが、日々のニュースや書籍、交流等から得た気づきや考えを投稿し、気になるユーザーやタグをフォローして情報収集・発信することで、ニュースへの理解を深めるとともに、ユーザー同士の知的つながりを生むプラットフォームを目指しています。
https://comemo.io/

日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、約140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1300人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体『日本経済新聞』の発行部数は約250万部、2010年3月に創刊した『日本経済新聞 電子版』の有料会員数は約60万人で、有料・無料登録を合わせた会員数は400万人を上回っています。

・本件に対する問い合わせ
日本経済新聞社 広報室 TEL:(03)3270-0251 (代表)

会社名:マッチングワールド株式会社
住所:〒110-0005 東京都台東区上野1-16-5 第二産経ビル
電話:03-6777-6503
URL:http://www.m-matching.com/